優しく、丁寧に扱い、牛乳をいただく

準備中です。

1日の仕事は、まず牛舎の掃除から始まります。
牛たちはきれい好きです。きれいな寝床で快適に過ごし・・・というような1日の流れを写真とともに、このテキスト領域で説明を入れたいと思っています。

ここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキスト。

ここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキスト。

  1. 飼料・圃場
  2. 哺乳・育成
  3. 成牛
  4. 総務部

飼料・圃場部門

飼料の管理や飼料設計、圃場の管理などをする部門です。独自の肥料を配合するために部門間同士の連携も必要です。その他にも、機械の管理・各種施設の保守、スラリーや堆肥の管理など、現在建設中のバイオガスプラントを利用するためにというような、各部門ごとの説明が入ります。・・・ここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキストここにテキストテキストテキスト

牧場についてよくある質問

牧場についてよくお問い合わせいただく内容をまとめました

朝が苦手です。起きられるようになりますか
早朝からの仕事もありますが、次第に体が慣れてくると思います。社宅は牧場のすぐ近くですので通勤時間はかかりません。
冬はどのくらい寒くなりますか
厳冬期の朝は−20℃前後まで冷えることがあります。時には−25℃になることも。しっかりと防寒着を着込むと寒さもしのげます。ちなみに夏は最高気温25℃ほどと快適なため、この地域に首都圏の方が避暑に訪れることも多くなりました。
応募前の見学は可能ですか?
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
運転免許を持ってないのですが、大丈夫ですか?
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
遠方に住んでいますが、面接はどこでするのですか?
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

牧場について問い合わせる

会社情報

株式会社伊藤デイリーは北海道の東、タンチョウが舞う鶴居村で乳牛約1000頭を飼養するメガファームです。生乳の品質と安定的な生産環境を両立するために18頭パラレルタイプのパーラーで生乳の生産をしています。

詳細を見る

求人情報

従業員の皆さまが仕事・生活の両面で満足し、充実した毎日を送るには受け入れる側の牧場の配慮も必要です。みんなが“家族”と考え、相談に乗り、お互いに知恵を出しながら課題を解決していく気配りをしています。

詳細を見る

鶴居村って?

株式会社伊藤デイリーのある鶴居村は、釧路市から約50分に位置しています。鶴が居るから鶴居村。特別天然記念物タンチョウの生息繁殖地にちなみ、村名を「鶴居村」と称している自然豊かな美しい景観のある場所です。

詳細を見る

PAGE TOP